脂漏性角化症(年寄りイボ)の原因は加齢

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)という言葉を聞いたことはありますか?俗に老人イボなどとも呼ばれる良性の腫瘍で、加齢と共に表れる皮膚の老化現象のひとつです。脂漏性角化症の最も大きな原因は紫外線による影響です。

脂漏性角化症の原因はシミと同じ

脂漏性角化症は主に高齢者に出来る腫瘍ですが、人によっては20~30代から発生することもあります。脂漏性角化症の最も大きな原因は紫外線を浴び続けた影響によるもので、紫外線を多く浴びた人ほど早く表れる傾向があります。年をとると新陳代謝が悪くなり、紫外線を浴びた際に作られるメラニンをうまく排出することが出来ずシミが出やすくなります。こうして出来たシミを老人性色素斑と呼びます。

脂漏性角化症も老人性色素斑と同じく肌にメラニンが蓄積することで発生し、また老人性色素斑が盛り上がったり硬化したりして脂漏性角化症に変化することもあります。脂漏性角化症の色や大きさ、形状は様々で、単なるホクロやシミと見分けがつかない場合もありますが、時間の経過と共に大きくなることが多いのが特徴です。脂漏性角化症を防ぐには、シミ対策と同じく紫外線を防ぎ、メラニンを排出しやすくなるよう肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)を整えることが大切です。

脂漏性角化症の治療法

脂漏性角化症の治療は、主に皮膚科で行います。治療の方法としては、液体窒素を使用した凍結療法、レーザーによる切除などがあります。これらの方法は比較的手軽で、傷も浅くて済みます。しかし、治療範囲が広い場合は液体窒素やレーザーでは取りきれないため、皮膚移植が必要な大がかりな手術になることもあります。脂漏性角化症は治療方法によっては健康保険が適用されますが、美容目的の切除であったりレーザー治療をした場合は自己負担になることが多いので注意が必要です。治療が必要なほど大きくなってしまう前に、紫外線対策をしたり美白サプリメントなどをうまく活用して、脂漏性角化症を防ぐ努力をしましょう。

脂漏性角化症予防は初期対応が肝心

前述の通り、脂漏性角化症はシミと同じ過程で発生し、あるいはシミから発生することも多くあります。そのため、シミを見つけたら素早くケアすることが脂漏性角化症の予防につながります。シミを防いだり出来てしまったシミを悪化させないためには普段からしっかり紫外線対策をすることと、十分な栄養を摂り生活リズムを整えて肌のターンオーバーを正常に保つことが何よりも重要です。

肌のターンオーバーを助ける栄養素としては、ビタミンCやビタミンEが有効です。美白サプリメントを飲む習慣をつけると、毎日欠かさず手軽かつ効率的にシミ予防に必要な栄養素を摂ることが出来ます。なお、タバコやストレスはビタミンCを破壊してしまう、美白の天敵です。喫煙の習慣のある人は禁煙を、ストレスのたまりやすい生活をしている人はストレス解消法を見つけることを心がけましょう。また、肌のゴールデンタイムと呼ばれる入眠から最初の3時間にしっかり熟睡出来るように、就寝環境を見直してみるのもよいでしょう。

日本皮膚科学会雑誌「過去10年間における脂漏性角化症の発症に関する統計的検討」(外部サイト)

厚労省「紫外線環境保健マニュアル」(外部サイト)

Top