シミ・そばかすの原因になる紫外線と美白対策

美容の大敵であるシミ。シミの原因として一番よく知られているのは紫外線ですが、それ以外にも様々な原因や種類があります。それぞれのシミの特徴を知り、シミに合った対策をとりましょう。

シミの原因の代表格「紫外線」

シミの原因の中で一番代表的なものは紫外線です。何故、紫外線でシミが出来るのでしょう。紫外線は適度に浴びると体内でビタミンDが生成させるなどのメリットもありますが、長時間浴びると皮膚がんなどを引き起こす危険性もあります。そのため、紫外線の刺激を受けると皮膚はメラニンという褐色の色素を分泌して身を守ろうとします。メラニンが分泌され、肌の色が変わった状態がいわゆる日焼けです。

通常、日焼けは肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)によってメラニンが排出されることで元通りになりますが、ターンオーバーが乱れていたり、メラニンが過剰に分泌されていて排出が追いつかないと、そのまま蓄積・沈着してやがてシミになってしまいます。日焼けといえば真夏の晴れた日にするものというイメージがあるかもしれませんが、夏以外の季節やくもりの日でも意外と強い紫外線が降り注いでいます。季節や天候にかかわらず、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れによって出来るシミ

「肝斑(かんぱん)」という言葉を聞いたことはありますか?肝斑とは、主に女性ホルモンバランスの乱れを原因として30~40代の女性に多く発生する薄茶色のシミで、目の下や頬、額などに左右対称に表れることが特徴です。妊娠やピルの服用、あるいは更年期をきっかけに発生することがあります。また、洗顔の際に強くこすりすぎているなどの物理的な刺激も原因になり得ます。肝斑を消すには、専用の市販医薬品を服用するか、皮膚科の受診がおすすめです。

シミをつくらせないコツはターンオーバーの正常化

出来てしまうとやっかいなシミですが、肌のターンオーバーが正常に行われていればメラニンは自然に排出されるものです。また、シミの種類によってはその後のスキンケアや有効成分の補給によって薄くすることも出来ます。シミ対策でまず重要なのは、肌のターンオーバーがきちんと出来るように十分な栄養と睡眠をとって体調を整えること。

ストレスが原因でホルモンバランスが乱れることもあるので、ストレスをためるのも厳禁です。食事内容としては、肌の代謝を促すビタミンCやビタミンCと結びついてコラーゲンを作るたんぱく質を積極的に取り入れるとよいでしょう。また、抗酸化効果があり若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEも積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンEはナッツやシソ、魚卵、亜麻仁油やえごま油に多く含まれています。シミ予防には、体の外側からの紫外線対策だけでなく、内側からもメラニンを排出しやすい環境を作ることが不可欠なのです。

厚労省「紫外線環境保健マニュアル」(外部サイト)

生産研究 Vol.57(2005)No.5 P497-500「肌のシワ発生メカニズムに関する基礎的力学的考察」(外部サイト)

Top