そばかすの原因と対策

1990年代の大ヒット曲のテーマにもなったそばかす。キュートなイメージもある半面、肌が汚らしく見えるというデメリットもあります。そばかすは何故出来るのか、どうすれば予防やケアが出来るのかについてご説明します。

そばかすの正体と原因

そばかすは、目の下や鼻の周囲に散らばって出来る小さな茶色の斑点のことです。正式には雀卵斑と言い、文字通り雀の卵の模様に似ていることから名づけられました。顔の他に腕や背中に出来ることもあり、多くは遺伝性のものです。

そばかすの多くが遺伝性というのは前述した通りですが、そばかす自体が遺伝するわけではなく、そばかすの出来やすい肌質が遺伝すると言った方が適切です。そばかすの出来やすい肌の人は、他の人よりも紫外線の刺激を受けやすくメラニンを活発に分泌しやすいのです。そのため肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)によるメラニンの排出が間に合わず、蓄積、沈着されたメラニンが肌の表面に浮かび上がってそばかすになってしまうのです。

遺伝性のそばかすは一般に思春期に出てきたり増えたりすると言われ、大人になるにつれて自然に消えていくこともあります。一方、大人になってから出来た遺伝性ではない後天性のそばかすは消えにくいため注意が必要です。しかし、どちらのそばかすも紫外線や強い刺激を避け、肌のターンオーバーを正常に保つことが対策になるというのは同じです。

紫外線と肌への刺激を避けよう

シミの原因として知られる紫外線ですが、シミと同じくメラニンの表面化によって出来るそばかすにも、もちろん大きな影響を与えます。紫外線を受ければ受けるほどメラニンが分泌されるため、日頃から日焼け止めクリームや帽子、日傘などでしっかり紫外線を防ぎましょう。また、肌への過度な刺激もそばかす対策には大敵です。

タオルなどで肌を強くこすったり、肌に合わない化粧品を使って肌荒れを起こしたりすると、その刺激から肌を守ろうとしてやはりメラニンが分泌されてしまいます。スキンケアの際は刺激が少なく肌に合った化粧品を使い、肌にはなるべく優しく触れることを心がけましょう。

そばかすを防ぐ生活習慣

肌のターンオーバーを正常に保ち、そばかすを防いだり緩和するためには生活習慣も重要です。まずはきちんと栄養を摂ること。まず、メラニンの生成を防ぎ、さらにすでに蓄積されたメラニンを薄くする効果のあるビタミンCは外せません。ビタミンCには、ハリのある肌には欠かせないコラーゲンの合成を助ける作用もあります。

ただし、ビタミンCは体内に溜まりにくく排出されやすいため、毎日こまめに摂取する必要があります。次に、ビタミンE。ビタミンEには新陳代謝を活発にさせる働きがあります。ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類や魚卵、しそ、アボカドなどに含まれており、しかもビタミンCといっしょに摂ると体を若々しく保つ抗酸化作用が高まります。これらの栄養素を食事から摂るのが難しかったり、より効率的に摂りたい場合は、美白サプリメントを利用するのも賢い方法です。

なお、せっかくビタミンCを摂ってもたばこを吸うと破壊されてしまうため、喫煙の習慣がある人は禁煙にもチャレンジするとよいでしょう。また、栄養だけでなく、睡眠も重要です。特に入眠後最初の3時間は肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが活発に分泌される「肌のゴールデンタイム」と呼ばれ、この時間に深い眠りが出来ているかどうかでターンオーバーの質も左右されます。寝る2時間前からは食事を摂らない、寝る直前には脳に刺激を与えるスマホやテレビは控えるなど、質の良い睡眠をとれるように寝る前の習慣も見直してみましょう。

まとめ

そばかすには遺伝性のものと後天性のものがありますが、どちらもメラニンが原因であるため紫外線や肌への刺激を避けることと、食事や睡眠に気を遣って肌のターンオーバーをしっかりと機能させ、そばかすの原因であるメラニンを排出させることが大切です。美白効果のあるサプリメントを活用するのもよいでしょう。

厚労省「第1表 全世帯及び各種世帯別にみた世帯の状況」(外部サイト)

厚労省「ストレスとは」(外部サイト)

シミの代表格・老人性色素斑の原因とケア方法

シミはその原因や種類によっていくつかに分類されますが、中でも最も代表的でいわゆる「シミ」として思い浮かべられるものは「老人性色素斑」という名前がついています。老人性とついてはいますが、実際は若い人でも紫外線を浴びる量が多いと出来ることがあります。

老人性色素斑の原因と特徴

老人性色素斑の原因は過去に浴びてきた紫外線と、紫外線から肌を守るために分泌されたメラニンにあります。それまで蓄積されていたメラニンが加齢と共にシミとなって顕在化したものが、老人性色素斑なのです。老人性色素斑は名前に老人とつくように通常は40代以降に出来やすくなりますが、屋外での仕事やスポーツなどで紫外線を浴びる量が多い人の場合、若くても出来ることがあります。

老人性色素斑が出来やすいのは、太陽の光が当たりやすい顔や手、腕などです。老人性色素斑のサイズはそばかす程度の小さいものから数センチのものまで様々で、いずれも褐色でいびつな円形をしているのが特徴です。

紫外線対策は一年中必要

老人性色素斑を予防するためには、若い頃からしっかり紫外線対策をしておくことが何よりも重要です。紫外線対策というと日差しの強い夏だけすればよいと思いがちですが、実際には紫外線は一年中降り注いでいます。また、雨や曇りの日でも晴天時の30~60パーセント程度の紫外線量があるため、油断は禁物です。

日焼け止めを塗ったり、帽子やカバーで肌を覆うなど体の外側から紫外線を防ぐ方法はもちろん、最近では体の中から紫外線のダメージに対抗する「飲む日焼け止め」サプリメントなども注目されています。自分にあった方法で、年間を通じてのケアを行いましょう。

生活習慣を見直してシミ予防

紫外線を浴びると、そのダメージから肌を守るためにメラニンという褐色の色素が分泌されて皮膚の表面に表れます。これがいわゆる「日焼け」の状態です。通常であれば、メラニンは肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)によって排出され、肌の色は個人差はありますがおおよそ1ヶ月ほどで元に戻ります。しかし、ターンオーバーがうまくいかないとメラニンは蓄積し続け、やがて老人性色素斑となってしまいます。

肌のターンオーバーが滞る原因として考えられるのは、生活習慣の乱れやストレス、栄養不足などです。シミのない健康な肌を作るには、バランスのよい食事や睡眠をしっかりとり、適度な息抜きをする健康的な生活をすることが必要です。また、すでに出来てしまった老人性色素斑も、ターンオーバーによって薄くすることが出来る場合もあります。生活習慣を見直す際は、さらにその中にターンオーバーを促してくれる美白サプリメントの摂取などの新しいを習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか。

厚労省「紫外線環境保健マニュアル」(外部サイト)

江崎グリコ株式会社生物化学研究所「ハイドロキノン-α-グルコサイドによるメラニン生成抑制効果」(外部サイト)

アンチエイジングで摂取したい「プラセンタ」とは

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出された栄養素ののことで、1950年代から医薬品に使用されてきました。近年、このプラセンタの美容効果に注目が集まり、化粧品やサプリメントなど様々な方法で利用されています。

胎盤から抽出されるプラセンタ

プラセンタは哺乳類の胎盤から抽出した栄養素を原料とした医薬品やサプリメントのことを指し、医薬品にはヒトの胎盤、サプリメントや化粧品など美容目的の製品にはブタやウマなどの動物の胎盤が使用されています。胎盤はお腹の赤ちゃんと母親を繋ぐ非常に重要な器官であるため、赤ちゃんを育てるために多種多様な栄養が豊富に含まれています。元々は医療目的で更年期障害や肝炎のなど治療に使われていましたが、近年その美容効果にも注目が集まるようになりました。

プラセンタでシミを防ぐ

プラセンタには肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)を促す効果があります。シミの原因となるメラニンはターンオーバーによって排出されるため、メラニンの蓄積を防いでシミが出来にくくなることが期待出来ます。

プラセンタには、シミを防ぐだけでなく肌の若々しさを保つアンチエイジング効果もあると言われています。一例を挙げると、細胞を酸化させる活性酸素を除去し、体のサビつきを抑える効果。肌のハリには欠かせないコラーゲンの生成を促す効果。肌を保湿したり引き締めたりしてキメを整える効果。血行をよくしてクマやくすみを改善する効果、などです。

プラセンタの安全性

プラセンタは基本的に安全性の高いものなので、あまり神経質になる必要はありません。プラセンタを摂るには、サプリメントなどを飲む(経口摂取)、化粧品を肌に塗る、注射で直接注入する、という方法があります。最も効果が高いのは原液を注射する方法で、経口摂取は専門家の間でも効果の有無について評価が割れることがあるようです。ただし、プラセンタ注射は人によってはアレルギー反応による痒みや熱などの軽い副作用が表れることがあるので注意が必要です。

美容目的で使用されるプラセンタは前述した通り動物の胎盤を原料としているため不安を感じる人もいるかもしれませんが、基本的に日本国内で作られたものは厳しい安全基準をクリアし、加熱処理を行ったものなので、衛生面での心配はないと言ってよいでしょう。なお、ブタ由来のプラセンタの場合、「SPF豚」と呼ばれるブタの胎盤を原料としたものを選ぶと特に安心です。SPF豚は特定の病原菌を排除して生まれているためワクチンや抗生物質の投与回数が普通のブタよりも少ない上、特別な衛生管理を行っている認定農場で育てられているので非常にクリーンで安全性が高いのです。

まとめ

哺乳類の胎盤から作られるプラセンタにはシミ予防をはじめ様々な美容効果があります。プラセンタ配合の化粧品・ドリンク剤・サプリメントなど気軽に買える市販品もたくさんあるので、自分に合った商品を見つけて美肌を目指して下さいね。

日本化粧品技術者会誌「メラニン形成におよぼすプラセンタエキストラクトの影響」(外部サイト)

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

紫外線対策の新常識「飲む日焼け止め」とは

日焼け止めといえば、一般にはミルクやジェルなどの体に塗るタイプのものを連想しますよね。しかし、近年ここに新しい概念が加わりました。体の外側だけではなく内側からも日焼けを防ぐ「飲む日焼け止め」です。海外では以前から愛用されていたサプリメントですが、ようやく日本でも知られるようになってきました。

飲む日焼け止めが日焼けに効く理由

紫外線は体に必要なビタミンDを合成してくれる働きがあり、必ずしも悪いことばかりではありません。しかし、浴び過ぎると肌にはよくないことは間違いなく、肌の老化やシミの原因になったり、ひどい場合は皮膚がんになったりしてしまいます。また、地球に降り注ぐ紫外線の量は1980年代からの30年で15%以上も増えていると推測されており、紫外線対策の常識もどんどん更新されています。

さて、紫外線を浴びると日焼けやシミが発生するのは、肌が紫外線を浴びるとそのダメージから細胞を守るためにメラニンという色素を分泌するからです。通常、メラニンは肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)によって排出され、日焼けした肌の色はおよそ1ヶ月ほどで元に戻ります。しかし、ターンオーバーでメラニンを排出しきれなかった場合、それが蓄積してやがてシミになってしまいます。飲む日焼け止めには強い抗酸化作用があり、メラニンを生成する活性酸素の活動を抑制してくれます。さらに紫外線による肌細胞のダメージを抑え、回復を手助けする働きもあり、肌老化の防止にも効果を発揮します。

飲む日焼け止めはこんなに便利

飲む日焼け止めは直接的にメラニンを防いで紫外線によるダメージを抑えるだけでなく、肌のターンオーバーを促す成分も含まれているため、すでに出来てしまった日焼けやシミにも働きかけてくれます。また、肌が荒れていて日焼け止めを塗れない時にも対策が出来る点、日焼け止めを塗るのをついさぼったり忘れたりして「うっかり日焼け」をしがちな在宅時や雨の日にもさっと飲むだけで済む点など、多くのメリットがあります。日差しが強い時は従来の塗る日焼け止めと併用すると、体の中からも外からも紫外線を防げて効果が高まります。飲む日焼け止めは効き目が表れるまでに少し時間がかかるため、服用する際は効果を得たい時間の30分〜1時間前に飲むのがおすすめです。

飲む日焼け止めは元々海外で生まれたものです。しかし、外国製のものは購入するのに手間がかかることがある・本当に正規品かどうか不安・安全基準が日本と違うなどのデメリットがあります。そのため、出来れば国産の製品を購入した方が安心して飲むことが出来ます。

飲み過ぎは厳禁

飲む日焼け止めは医薬品ではなくサプリメントであるため、基本的には副作用の心配はありません。しかし、どんなものでも限度を超えて過剰摂取すれば健康被害が出る可能性もあります。必ず用法・用量を守って使用しましょう。また、妊娠中・授乳中の女性は念のため使用をやめておいた方が無難です。

「紫外線. 環境保健マニュアル」

脂漏性角化症(年寄りイボ)の原因は加齢

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)という言葉を聞いたことはありますか?俗に老人イボなどとも呼ばれる良性の腫瘍で、加齢と共に表れる皮膚の老化現象のひとつです。脂漏性角化症の最も大きな原因は紫外線による影響です。

脂漏性角化症の原因はシミと同じ

脂漏性角化症は主に高齢者に出来る腫瘍ですが、人によっては20~30代から発生することもあります。脂漏性角化症の最も大きな原因は紫外線を浴び続けた影響によるもので、紫外線を多く浴びた人ほど早く表れる傾向があります。年をとると新陳代謝が悪くなり、紫外線を浴びた際に作られるメラニンをうまく排出することが出来ずシミが出やすくなります。こうして出来たシミを老人性色素斑と呼びます。

脂漏性角化症も老人性色素斑と同じく肌にメラニンが蓄積することで発生し、また老人性色素斑が盛り上がったり硬化したりして脂漏性角化症に変化することもあります。脂漏性角化症の色や大きさ、形状は様々で、単なるホクロやシミと見分けがつかない場合もありますが、時間の経過と共に大きくなることが多いのが特徴です。脂漏性角化症を防ぐには、シミ対策と同じく紫外線を防ぎ、メラニンを排出しやすくなるよう肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)を整えることが大切です。

脂漏性角化症の治療法

脂漏性角化症の治療は、主に皮膚科で行います。治療の方法としては、液体窒素を使用した凍結療法、レーザーによる切除などがあります。これらの方法は比較的手軽で、傷も浅くて済みます。しかし、治療範囲が広い場合は液体窒素やレーザーでは取りきれないため、皮膚移植が必要な大がかりな手術になることもあります。脂漏性角化症は治療方法によっては健康保険が適用されますが、美容目的の切除であったりレーザー治療をした場合は自己負担になることが多いので注意が必要です。治療が必要なほど大きくなってしまう前に、紫外線対策をしたり美白サプリメントなどをうまく活用して、脂漏性角化症を防ぐ努力をしましょう。

脂漏性角化症予防は初期対応が肝心

前述の通り、脂漏性角化症はシミと同じ過程で発生し、あるいはシミから発生することも多くあります。そのため、シミを見つけたら素早くケアすることが脂漏性角化症の予防につながります。シミを防いだり出来てしまったシミを悪化させないためには普段からしっかり紫外線対策をすることと、十分な栄養を摂り生活リズムを整えて肌のターンオーバーを正常に保つことが何よりも重要です。

肌のターンオーバーを助ける栄養素としては、ビタミンCやビタミンEが有効です。美白サプリメントを飲む習慣をつけると、毎日欠かさず手軽かつ効率的にシミ予防に必要な栄養素を摂ることが出来ます。なお、タバコやストレスはビタミンCを破壊してしまう、美白の天敵です。喫煙の習慣のある人は禁煙を、ストレスのたまりやすい生活をしている人はストレス解消法を見つけることを心がけましょう。また、肌のゴールデンタイムと呼ばれる入眠から最初の3時間にしっかり熟睡出来るように、就寝環境を見直してみるのもよいでしょう。

日本皮膚科学会雑誌「過去10年間における脂漏性角化症の発症に関する統計的検討」(外部サイト)

厚労省「紫外線環境保健マニュアル」(外部サイト)

ニキビ跡が原因になる炎症性色素沈着とは

色素沈着の中でも、特に皮膚の炎症や怪我の傷の跡に色素が沈着して出来るシミのことを言います。肌の弱い人の場合は顔をタオルでこすった程度の刺激でも出来てしまうことがあります。

傷が出来るとメラニンも出来る

シミの多くは紫外線によるものですが、炎症性色素沈着のシミはニキビや虫さされといった皮膚の炎症や怪我によって引き起こされます。シミの原因となるメラニンは、紫外線などの刺激から肌を守るために分泌されます。炎症や怪我もメラニンにとっては紫外線と同様に肌にダメージを与える刺激であるため、炎症や怪我が起きると人間の体は防御や回復のためにメラニンを活発に分泌し、過剰に分泌されたメラニンが排出しきれずにシミになってしまうのです。

アレルギー体質で炎症を繰り返している人なとは炎症性色素沈着を起こしやすく、色素沈着が慢性的なものになりやすいため注意が必要です。また、炎症性色素沈着は紫外線を浴びることによってさらに悪化する恐れがあります。特に怪我をした部位は皮膚が薄くなるため紫外線のダメージを受けやすくシミも出来やすくなるので、怪我をした後はしっかり紫外線対策をしましょう。

シミ予防のカギはターンオーバーの正常化

炎症跡や傷跡にシミを残さないコツは、刺激を与えないこと、紫外線を避けること、そしてメラニンをきちんと排出するために肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)を正常に保つことです。正常なターンオーバーを維持するには、十分な栄養と睡眠をとることが大切です。肌を生まれ変わらせシミに対抗する栄養素の代表としてよく知られているのは、やはりビタミンCでしょう。

ビタミンCは、メラニンに対して生成を防ぎ、出来てしまったものは薄くするというダブルの効果があります。また、ビタミンCにはコラーゲンの合成を助ける働きもあります。シミのない美肌を目指すなら、まずは基本のビタミンCを押さえておきしょう。ただし、ビタミンCは排出されやすいため、毎日こまめに補給する必要があります。食事だけで十分なビタミンCを摂ることが難しい場合は、サプリメントを活用するのもよい方法です。

睡眠については、ターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすく「肌のゴールデンタイム」と呼ばれる入眠してから最初の3時間に深い眠りにつけるかどうかが非常に重要です。質のよい眠りを手に入れられるよう、睡眠環境にも気を配ってみましょう。

美白用化粧品を上手に活用しよう

近年注目される美白成分として、プラセンタやハイドロキノンなどがあります。こうした成分を含むスキンケア化粧品を使用することも、日常的なシミ対策になります。ただし、強い力で塗り込めたり叩きこんだりすると、その刺激がかえってシミを誘発することになりかねません。また、化粧品が合わなくてかぶれるとそれもシミの原因になることがあります。肌のケアは必ず自分の肌にあった化粧品を使い、出来るだけ優しいタッチで行うようにしましょう。

江崎グリコ株式会社生物化学研究所「ハイドロキノン-α-グルコサイドによるメラニン生成抑制効果」(外部サイト)

西日本皮膚科「アスコルビン酸2-O-α-グルコシドの紫外線皮膚色素沈着抑制効果」(外部サイト)

ニキビなどの肌荒れに!パントテン酸カルシウムの効果効能まとめ

パントテン酸カルシウムは、ビタミンB群の一種であるパントテン酸にカルシウムを結合させ、パントテン酸を水に溶けやすく吸収率を高くしたものです。そのため名前にはカルシウムとついていますが、カルシウムとしての働きはほとんどありません。パントテン酸には、脂質や糖質の代謝を促したり、健康な皮膚を作る効果があります。パントテン酸は水溶性ビタミンのため体に吸収されやすく、レバーや魚卵、干ししいたけ、納豆などに多く含まれています。

パントテン酸の効果

パントテン酸には、皮膚や粘膜の炎症を抑えて健康な状態を保ち、さらにはコラーゲンの生成を促すビタミンCの働きを助ける作用もあります。そのため、肌荒れやニキビ、対策の強い味方であると言われています。また、アトピーの原因とされる副腎皮質ホルモンの不足の解消にも有効です。パントテン酸は普通の食生活をしていれば不足することは少ないですが、過度のダイエットや抗生物質の服用、カフェインやアルコールの多量摂取などの習慣があると不足することがあります。

パントテン酸が不足し、パントテン酸欠乏症という状態になると、疲れやすくなる、免疫力の低下、肌荒れ、手足の知覚異常といった症状が起きる場合があります。コーヒーやお酒をよく飲む人などは、意識的にパントテン酸を補給するようにしましょう。

パントテン酸の摂り方

パントテン酸は水溶性ビタミンのため、水にさらすと流れ出してしまいます。また、熱にも弱いため、加工品や加熱調理したものは避けて、生食出来る食材から摂るようにしましょう。レバー、魚卵、刺身、納豆、アボカドなどがおすすめです。パントテン酸は摂りすぎても尿などで排出されるため、健康被害が出ることはほとんどありません。安心して摂取して下さい。

パントテン酸カルシウムの効果効能

厚労省「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」(外部サイト)

シミの原因になるメラニン色素の働きとシミ生成の仕組み

メラニン、あるいはメラニン色素という言葉は、誰もが一度は見たり聞いたりしたことがあると思います。シミや日焼けの原因と言われるメラニンですが、実際にどんな働きを持っているのか、どういった仕組みで日焼けやシミとなるのかを詳しく知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。

なぜメラニンでシミが出来るのか

メラニンは、メラノサイトという細胞から生まれる色素です。シミや日焼けの原因として嫌われがちなメラニンですが、本来は紫外線などから肌を守るために存在しています。もしメラニンがなければ皮膚の奥まで紫外線のダメージを受けてしまい、炎症を起こしたり皮膚がんになったりしてしまうかもしれません。

人種による肌の違いもメラニンの量の差によるもので、黒色人種の肌が黒いのは、元々彼らが住んでいたアフリカの強烈な太陽光と紫外線から身を守るためなのです。しかし、肌を守るために生成されたメラニンもその量が過剰になり蓄積、沈着すると、イヤなシミになってしいます。

メラニンが増える原因は紫外線以外にもある

メラニンが出来る原因=紫外線と思われがちですが、実はそれ以外にも色々な要因があります。たとえば刺激の強い化粧品やニキビ、タオルなどによる摩擦、虫刺されなどのダメージを受けると、肌を守るためにメラニン色素が増え、色素沈着を起こしてシミに繋がってしまいます。うっかりやりがちな、洗顔や基礎化粧品を塗る際に顔を強くこするのも、シミを防ぐためには厳禁です。

特に皮膚の薄い部分に触れる時は常にソフトタッチを心がけましょう。また、肌のターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)を正常に保つことも、シミを防ぐためには重要です。通常メラニンは肌のターンオーバーによって排出されますが、これが乱れるとメラニンの排出もうまくいかなくなり、どんどん蓄積されてシミとなってしまいます。正常なターンオーバーの周期は部位によって違いはあるものの大体一ヶ月ほどですが、加齢と共に次第に長くなっていきます。

シミを消すにはどうすればいいの?

顔を一気に老けた印象にしてしまう厄介なシミ。シミを防いだりすでに出来てしまったシミを消すにはどうすればよいのでしょう。まずは日焼け止めや帽子などでしっかりと紫外線を遮断すること。肌に合った基礎化粧品を使用し、洗顔などの際は顔を強くこすらないよう気をつけること。そして肌のターンオーバーを正常に保つため、十分な栄養や睡眠をとることも忘れないようにしましょう。ターンオーバーを促してくれる成分としては、アスコルビン酸(ビタミンC)やL-システインがよく知られており、これらの成分を含むスキンケア効果のある医薬品(一例として、ロスミンローヤル、ハイチオールCプラス、キミエホワイトなど)から摂ると効果的です。

機能性化粧品の開発3「機能性化粧品の機能と生体メカニズム」(外部サイト)

日本皮膚科学会雑誌「過去10年間における脂漏性角化症の発症に関する統計的検討」(外部サイト)

シミ・そばかすの原因になる紫外線と美白対策

美容の大敵であるシミ。シミの原因として一番よく知られているのは紫外線ですが、それ以外にも様々な原因や種類があります。それぞれのシミの特徴を知り、シミに合った対策をとりましょう。

シミの原因の代表格「紫外線」

シミの原因の中で一番代表的なものは紫外線です。何故、紫外線でシミが出来るのでしょう。紫外線は適度に浴びると体内でビタミンDが生成させるなどのメリットもありますが、長時間浴びると皮膚がんなどを引き起こす危険性もあります。そのため、紫外線の刺激を受けると皮膚はメラニンという褐色の色素を分泌して身を守ろうとします。メラニンが分泌され、肌の色が変わった状態がいわゆる日焼けです。

通常、日焼けは肌のターンオーバー(生まれ変わり・新陳代謝)によってメラニンが排出されることで元通りになりますが、ターンオーバーが乱れていたり、メラニンが過剰に分泌されていて排出が追いつかないと、そのまま蓄積・沈着してやがてシミになってしまいます。日焼けといえば真夏の晴れた日にするものというイメージがあるかもしれませんが、夏以外の季節やくもりの日でも意外と強い紫外線が降り注いでいます。季節や天候にかかわらず、紫外線対策は怠らないようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れによって出来るシミ

「肝斑(かんぱん)」という言葉を聞いたことはありますか?肝斑とは、主に女性ホルモンバランスの乱れを原因として30~40代の女性に多く発生する薄茶色のシミで、目の下や頬、額などに左右対称に表れることが特徴です。妊娠やピルの服用、あるいは更年期をきっかけに発生することがあります。また、洗顔の際に強くこすりすぎているなどの物理的な刺激も原因になり得ます。肝斑を消すには、専用の市販医薬品を服用するか、皮膚科の受診がおすすめです。

シミをつくらせないコツはターンオーバーの正常化

出来てしまうとやっかいなシミですが、肌のターンオーバーが正常に行われていればメラニンは自然に排出されるものです。また、シミの種類によってはその後のスキンケアや有効成分の補給によって薄くすることも出来ます。シミ対策でまず重要なのは、肌のターンオーバーがきちんと出来るように十分な栄養と睡眠をとって体調を整えること。

ストレスが原因でホルモンバランスが乱れることもあるので、ストレスをためるのも厳禁です。食事内容としては、肌の代謝を促すビタミンCやビタミンCと結びついてコラーゲンを作るたんぱく質を積極的に取り入れるとよいでしょう。また、抗酸化効果があり若返りビタミンとも呼ばれるビタミンEも積極的に摂りたい栄養素です。ビタミンEはナッツやシソ、魚卵、亜麻仁油やえごま油に多く含まれています。シミ予防には、体の外側からの紫外線対策だけでなく、内側からもメラニンを排出しやすい環境を作ることが不可欠なのです。

厚労省「紫外線環境保健マニュアル」(外部サイト)

生産研究 Vol.57(2005)No.5 P497-500「肌のシワ発生メカニズムに関する基礎的力学的考察」(外部サイト)

国内唯一小ジワに効く!シミ・そばかす対策ならロスミンローヤルがオススメ

女性を悩ませる様々なお肌のトラブル。特に年齢とともに表れるものとして代表的なのは、シミ、ソバカス、そして小ジワではないでしょうか。どれもなかなか手ごわい悩みですが、実はこの三つの悩みを一気に解決してくれる医薬品があるんです。

日本で唯一小ジワにも効果が認められた医薬品

シミ、ソバカスを解消する効果があるという触れ込みのサプリメントや医薬品はたくさんあり、医薬品として認められたもので有名な商品には、ハイチオールCプラス、トランシーノC、キミエホワイトなどがあります。しかし、これらは小ジワを消すことは出来ません。そこで注目したいのが、日本で唯一シミ、ソバカスに加えて小ジワにも効果があると認められた「ロスミンローヤル」です。

ロスミンローヤルには、なんと22種類もの有効成分と9種類の生薬が含まれています。中でも肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促し肌のハリの元となるコラーゲンを生成するL-システイン、肌の老化を防ぐ抗酸化作用を持つビタミンE、代謝や血行をよくする高麗ニンジンといった成分が、小ジワに働きかけて若々しい肌作りを助けてくれます。

美容効果だけじゃない、女性に嬉しい医薬品

ロスミンローヤルにはシミ、ソバカス、小ジワの改善という美容効果だけではなく、冷え症や肩こり、更年期などに見られるのぼせやめまいといった女性特有の体の不調を改善する効果も期待出来るため、お肌の悩みだけでなく、体質改善目的の服用もおすすめです。これは豊富に含まれる生薬が血行をよくしたりホルモンのバランスを整えてくれるから。ロスミンローヤルでお肌も体も元気な健康美人を目指しましょう。

服用時の注意点

ロスミンローヤルは、明確な効能・効果を認められたれっきとした「医薬品」です。医薬品としての分類上は安全上のリスクが比較的少ない第3類医薬品になりますが、全く副作用がないというわけではないので、使用する場合は用法・用量をきちんと守らなければなりません。特に、持病があって病院からもらった薬を服用中であったり、過去に薬でアレルギーを起こしたことがある人は、ロスミンローヤルを使用する前に必ずかかりつけ医に相談して下さい。

また、ロスミンローヤルは基本的には妊娠・授乳期に飲んでも問題ありませんが、医薬品は母乳の成分に直接影響を与える可能性もあるため、授乳期に服用する場合も念のため医師に相談するようにしましょう。なお、ロスミンローヤルは公式サイトからの通販でのみ購入が可能です。一般の薬局・ドラッグストアや通販サイトでは販売していないので、注意して下さいね。

参考サイト:「一般用医薬品のリスク区分」

Top